有瀬龍介aruse-ryosuke個展開催のお知らせ@enstol

 

有瀬龍介 個展

 
 
6/29(土)から7/28(日)まで、enstolショップにて、京都在住のイラストレーター・有瀬龍介さんの個展を開催いたします。
アートをもっと身近に。
家具を選ぶような感覚で、アートを暮らしのなかに取り入れませんか。

ソファでくつろぎながら、ダイニングチェアに腰掛けながら、
身近な生活空間のなかで「絵と家具」をお楽しみください。
 
 
有瀬 龍介 aruse ryosuke/
1983年5月30日生まれ
京都在住のイラストレーター

2000年頃より活動をスタート
手描きによる繊細なタッチを得意とし、
古い本の挿絵・書物、身近にある植物・食物などから着想を得て制作した作品や、
抽象画、墨絵など、テーマ毎に幅広い作品を生み出している。
http://ryosukearuse.sakura.ne.jp/
 
 
開催日時:
2019年6月29日(土)-7月28日(日)
10時〜17時

場所:
enstol ショップ
〒611-0041 京都府宇治市槇島町月夜3-7

 
 

有瀬さんにお会いしてきました


 
 
有瀬さんの自宅兼アトリエは、京都市の北のほう、深泥池(みどろがいけ)のほど近くにあります。
 
 
京都在住のイラストレーター有瀬龍介aruse_ryosukeさんの個展をenstolにて開催します
これが深泥池。
多くの水生植物や昆虫、魚類、野鳥などがいて、国の天然記念物にも指定されている湿地です。
ときには野生の鹿もやってくるのだとか。
 
 
京都在住のイラストレーター有瀬龍介aruse_ryosukeさんの個展をenstolにて開催します
右が有瀬さん、左がenstolの家具デザイナーのオカノ。
有瀬さんとオカノは、美術工芸専門の高校時代の同級生。
以前からenstolのショップに飾っている絵も、有瀬さんの作品です。
 
 
京都在住のイラストレーター有瀬龍介aruse_ryosukeさんの個展をenstolにて開催します
アートをもっと身近に、家具を選ぶのと同じような感覚で暮らしのなかに取り入れて、楽しんでもらえたら。
今回の個展の企画は、オカノのそういった想いからスタートしました。
 
 
京都在住のイラストレーター有瀬龍介aruse_ryosukeさんの個展をenstolにて開催します
京都在住のイラストレーター有瀬龍介aruse_ryosukeさんの個展をenstolにて開催します
お住まいの2階にあるアトリエ。
まわりは住宅街で、とても静かです。
たまに遠くで子どもの声が聞こえたりして、のどかな空気が流れていました。
 
 
京都在住のイラストレーター有瀬龍介aruse_ryosukeさんの個展をenstolにて開催します
画家志望のお父さまを見て育った有瀬さん。
幼い頃から、絵を描く仕事がかっこいいと思っていたそうです。
高校でファッションの勉強をしながら徐々に絵を描きはじめ、20歳くらいからアルバイトをしながら絵を描き、たまに発表するように。

以来、不定期の個展開催のほか、さまざまなアーティストやクライアントからイラストの依頼を受け、制作活動を行っています。
 
 
京都在住のイラストレーター有瀬龍介aruse_ryosukeさんの個展をenstolにて開催します
有瀬さんが普段絵を描いているテーブル。
墨やアクリル絵具など水分量の多い材料を使うため、イーゼルなどは使わないとのこと。
主に自然光が入る日中に制作するそうです。
 
 
京都在住のイラストレーター有瀬龍介aruse_ryosukeさんの個展をenstolにて開催します
あるものとないもの。有瀬さんの絵のモチーフはさまざまですが、
何かを表現しようとか、こうあらねばというこだわりはないそう。
コントロールしたものよりも、偶然的にうまれるものに惹かれるのだそうです。

見る人それぞれの解釈で、何かを受け取ってもらえれば嬉しい。
そうおっしゃっていました。
 
 
京都在住のイラストレーター有瀬龍介aruse_ryosukeさんの個展をenstolにて開催します
お伺いした日は陶器の絵付けをされていて、作業台には制作途中の作品が。
以前陶芸作家の方と共作したのを機に、2年ほど前から陶芸をはじめたそうです。
 
 
京都在住のイラストレーター有瀬龍介aruse_ryosukeさんの個展をenstolにて開催します
絵のタッチそのもののような繊細さも、自然体で気さくな一面もある有瀬さん。
有瀬さんが吸い込んだものが、ゆっくりと体内をめぐり、ある日ふと指先から吐き出され、絵となる。
ご本人にお会いして、そんな印象を受けました。
 
 
個人的に好きな詩があり、ヘルマン・ヘッセの『寝ようとして』という詩なのですが、

    一日のいとなみに疲れて、
    私の切なる願いは
    疲れた子どものように、
    星月夜をしみじみと抱きしめる。

    手よ、すべての仕事をやめよ、
    ひたいよ、すべての考えを忘れよ、
    私の五官はみな
    まどろみの中に沈もうとする。

    魂はのんびりと
    自由な翼で浮び、
    夜の魔法の世界に
    深く千変万化に生きようとする。

有瀬さんの絵を見ていてふと思い浮かんだのが、この詩でした。
 
 
京都在住のイラストレーター有瀬龍介aruse_ryosukeさんの個展をenstolにて開催します
同じ絵でも、ショップなどの「よそ」の空間で見るのと、きわめて私的な空間である家で見るのとでは、また違います。
今回の個展を機に「家具に触れるように、絵に触れる」という体験を日々の暮らしに取り入れて、
「絵と家具」を楽しんでいただければと思います。