ホワイトオーク無垢材とケヤキ無垢材のおしゃれなダイニングチェア

pint-E

 
限定バージョンもあり。シンプルで美しい椅子

enstolオリジナルの新作ダイニングチェア。
キュッと締まった足首がとても美しく、横から見たときのぴんと背筋を伸ばしたようなしなやかなラインから、pintと名付けました。
 
 
ホワイトオーク無垢材とケヤキ無垢材のおしゃれなダイニングチェア
スタンダードなカフェチェアのデザインをもとに、男性でもゆったりとお掛けいただけるようデザインした「pintシリーズ」は、
細くしなやかなライン、軽やかでヌケ感のあるスタイルが特徴。
 
 
ホワイトオーク無垢材とケヤキ無垢材のおしゃれなダイニングチェア
写真左は先行モデルの「pint-F」、写真右が新作の「pint-E」。
とても似ていますが、よくよく見ると実はいろいろと違う部分があります。
たとえば「pint-E」の背板は「pint-F」より少し角ばったデザインなってるため、凛々しい印象に。
脚は「pint-F」が内側部分の角を残しているのに対し、「pint-E」は内側部分まで面取りをしてより有機的なフォルムになっています。
 
 
ホワイトオーク無垢材とケヤキ無垢材のおしゃれなダイニングチェア
曲線的なラインで繋がる後ろ脚と座枠は、フィンガージョイントでがっちりと組んでいます。
 
 
ホワイトオーク無垢材とケヤキ無垢材のおしゃれなダイニングチェア
また、「pint-F」の背板がオーク材の積層合板なのに対し、
「pint-E」の背板は無垢材の一枚板に曲げ加工を施しています。

そんな「pint-E」のもうひとつの特徴は、背板の無垢材の樹種がその時々で変わる限定バージョンがあること。
スタンダードバージョンはオークフレームに背板がオーク・ウォールナット・チェリーの3種類ですが、
限定バージョンの背板には、デザイナーオカノが見つけてきた他樹種の無垢材の中から、
ケヤキなど「pint-E」に合いそうなものをその時々でセレクトします。
 
 
ホワイトオーク無垢材とケヤキ無垢材のおしゃれなダイニングチェア
現在販売中の写真の椅子は、背板にケヤキの無垢材を使用した「オーク×ケヤキ」の限定バージョン。
オレンジがかったカラーにくっきりと刻まれた木目が印象的なケヤキがアクセントになっています。
 
 
ホワイトオーク無垢材とケヤキ無垢材のおしゃれなダイニングチェア
ちなみにこちらの椅子の座面は、ヌメ革張り。
はじめは淡いピンク色をしていますが、お使いいただくうちにどんどんと良い風合いに育っていく過程もお楽しみいただけます。
 
 
わたしたちのつくる家具は、長く大切に使い続けられるもの=
ずっと愛用したくなるようなデザイン、
修理しやすい構造、
上質な素材と仕上げであること、
をコンセプトとしています。
美しくなめらかなライン、すべすべに磨き上げた無垢材の手ざわり、経年変化を楽しめる木とファブリック、そして本革。
毎日使うものだからこそ、丁寧なものづくりを心がけています。
 
京都の家具店エンストルの職人が作る、おしゃれな無垢の北欧デザインダイニングチェア
enstolのオリジナル家具はご注文いただいてから一脚一脚職人が製作いたしますので、お届けまでに約1ヶ月半ほど頂戴しております。
あらかじめご了承くださいませ。
また背板に使用する木材によっては在庫数限定になる場合もあります。

張地はご希望の色柄・素材・機能などにあわせて、A・B・E・SランクのファブリックとLランクのレザーから、お好きなものをお選びいただけます。
張地一覧はこちら。

size:W480×D510×H760(SH430)mm
無垢材・オイル仕上げ

enstolオリジナルチェア「pint-E」は、以下のenstolオンラインショップでもご購入いただけます。