京町家リノベーションの八清様のオープンハウスへダイニングセットやソファなどの家具を納品しました

RECORD | 京都市 株式会社 八清(ハチセ)様

 
京町家をはじめとした中古住宅の再生販売を手がけられている「株式会社 八清(ハチセ)」様のオープンハウスへ、
家具を納品させていただきました。

今回家具を納品させていただいたのは、京都市左京区の路地に佇むリノベーション済み京町家。
近くには世界遺産「下鴨神社」や京都大学があり、歴史と文化が身近に感じられる住まいです。
 
 
京町家リノベーションの八清様のオープンハウスへダイニングセットやソファなどの家具を納品しました
土間を上がると、表の間からリビングダイニングが奥に続き、その先には陽の降り注ぐ坪庭が。
1階の床には無垢材が使われていて、床暖房も入っているそう。
柱や火袋などの表情に京町家の趣きを残しながらも、今の暮らしにあうリノベーションがされています。
 
 
京町家リノベーションの八清様のオープンハウスへダイニングセットやソファなどの家具を納品しました
今回はリビング&ダイニング用に、下記の5種類の家具を製作させていただきました。
・ダイニングテーブル「Lidt」(サイズオーダー)
・ダイニングチェア「pint-E」×4脚
・ソファ「journey sofa 2P」
・センターテーブル「journey center table」(別注仕様)
テレビボード(オーダーメイド)
 
 
京町家リノベーションの八清様のオープンハウスへダイニングセットやソファなどの家具を納品しました
ダイニングテーブル「Lidt」は、直線的なラインとやわらかなフォルムが調和する、繊細な表情のテーブル。
汚れやすい天板には色濃く変化するチェリー無垢材を、脚には軽やかな色のビーチ無垢材を使用しています。
今回はスタンダードサイズ(W1500×D800mm)より少し小さめの、W1400×D800mmで製作しました。
 
 
京町家リノベーションの八清様のオープンハウスへダイニングセットやソファなどの家具を納品しました
「pint-E」は、フレームはオーク無垢材ですが、背板がオーク・チェリー・ウォールナットと数量限定でケヤキから選べるダイニングチェア。
今回、背板はチェリー無垢材、座面の張地は青みがかった紫色の生地(A-NC018)をセレクトされました。
 
 
京町家リノベーションの八清様のオープンハウスへダイニングセットやソファなどの家具を納品しました
「journey sofa」は、北欧デザインの巨匠、フィン・ユールを彷彿とさせる美しい曲線の肘掛けが特徴的なソファ。
こちらは二人掛けサイズ(2P)のもので、背クッションには淡いグレーの生地(A-NC125)を、座クッションにはダイニングチェアと同じ生地(A-NC018)をセレクトされました。

ソファ前のセンターテーブルは、「journey center table」の天板下に引き出しを付けた別注仕様。
テレビやエアコンのリモコンなど、こまごまとしたものを収納したいとのリクエストをいただき、製作しました。
 
 
京町家リノベーションの八清様のオープンハウスへダイニングセットやソファなどの家具を納品しました
写真右奥のオーダーメイドで製作したテレビボードは、前面の引き戸にチェリー材を、その他の部分にビーチ無垢材を使用。
実は「journey」シリーズのソファやセンターテーブルと同じく、汚れやすい脚先にチェリー無垢材のパーツを取り付けていて、
靴下をはいたようなデザインになっています。
 
 
京町家リノベーションの八清様のオープンハウスへダイニングセットやソファなどの家具を納品しました
長年、数々の京町家の再生を手がけてこられた八清様。
住まいを手放す人、次に住む人に寄り添いながら、京都の古きよき景観を未来へ受け継ぐ役割も担われ、
同じ京都に暮らすわたしたちにとっても、たいへん心強い存在です。
とても素敵な物件を数多く取り扱われていらっしゃいますので、京都でお住まいをお探しの際は、ぜひご相談されてはいかがでしょうか。
 
 
今回納品させていただいた家具は、今後八清様のオープンハウスにて随時お使いいただく予定です。

今回納品させていただいた物件はこちら。
「高野川のほとり 路地に佇む京町家」

株式会社 八清(ハチセ)様ホームページ

納品事例一覧に戻る>>>