ミナペルホネン生地のおしゃれな椅子

enstol × mina perhonen

 
“経年変化を楽しむ”
新しい発想のファブリック「dop」

enstolの椅子張り職人が「オリジナルチェアに張りたい!」と見つけてきた、
mina perhonen(ミナ ペルホネン)のインテリア向けファブリック「dop(ドップ)」。
2014年に発表されたこの生地は、表面と裏面が異なる色のモールスキンで織られているもので、
使い込むうちに摩擦で表面の糸が擦り減り、裏面の色が現れてくるという特性を持ちます。
 
 
おしゃれでかわいいminaperhonenのファブリックと家具
その中からオリジナルチェア用にセレクトしたのが、「tambourine(タンバリン)」。
目を引く色とやわらかな風合いの生地のうえでこまやかな刺繍がおどる、楽しい柄のファブリックです。
 
 
enstol(エンストル)の椅子やソファやスツールで選べるミナペルホネンの生地一覧
今回はその中からさらに、enstolの椅子に合う14色を厳選しました。
(画像はクリックして拡大できます)
 
 
mina perhonenのダイニングチェア
ミナペルホネンの椅子
レッドからネイビーが、ブルーからイエローが。
一体どのようにして、下に隠れていた色が出てくるのでしょう。
使う過程を楽しみ、変化するさまを心待ちにすることができる、
木や革と同じような価値がデザインされたファブリック。
それは、年月を経るにつれ劣化してしまう従来の生地のあり方とは異なります。
 
 
ミナペルホネンファブリックのおしゃれなダイニングチェア
どんなふうに生地の表情が変化するのか、実験してみました。
表面がグレー、裏面がブルーのdop生地の表面を、ごしごしこすり続けてみると・・・
次第に裏面のブルーが、にじむように現れてきました!
このじっくりと変化する感じは、色落ちを楽しむデニムにも似ています。
椅子はたとえ乱雑に扱わなくても、使ううちに小さな傷や汚れがついてしまうものですが、
オイル仕上げのフレームなら、ペーパーをあててオイルを塗ることでご自分でメンテナンスしていただけます。
次第に深みを増していく木肌とともに、少しずつ擦り切れていくファブリックを楽しめる椅子。
今までにない、まったく新しい発想です。
 
 
京都の職人がつくるミナペルホネンファブリックの無垢のダイニングチェア
京都の職人がつくるミナペルホネンファブリックの無垢の椅子
綿糸を生地の両面に起毛させながら織り上げる「モールスキン」の特徴は、
やさしい手ざわりとたっぷりとした厚み。
密度が高いぶん丈夫でありながら、うぶ毛のような毛羽が多くの空気を取り込み、温もりのある風合いを実現しています。
すべすべとしたオイル仕上げのなめらかなフレームと、しっとりとしたやわらかなファブリック。
木と布の手ざわりを心ゆくまで楽しめる組み合わせです。
 
 
エンストルの職人がつくるミナペルホネンファブリックの無垢の椅子
長く愛用いただける椅子ですが、座面の中身のウレタンクッションだけはどうしてもへたってしまうもの。
そんな時は、ウレタンを新しいものに入れ替れば、また新品と同じような座り心地に。
enstolでは職人による家具の修理やリメイクも行っていますので、どうぞご安心ください。
 
 
エンストルの職人がつくるミナペルホネンファブリックの木製スツール
またダイニングチェアのほか、enstolオリジナルのスツールやキッズチェア、ソファでもミナペルホネンファブリックがお選びいただけます。
こちらのenstolオリジナルの3本脚スツール「Y3 stool」は、
脚先に向かってまるみが増すなめらかな手ざわりのフレーム、三角形に組まれた不思議な形状の貫が特徴。
こんもりと盛り上がったチャーミングなフォルムの座面に、ミナペルホネンのファブリックがよく合います。
Y3 stoolはこちら>>>
 
 
おしゃれミナペルホネンのキッズチェア子供椅子
こちらは大人顔負けの本格的なキッズチェア「cucu kids chair」。
工房で一脚一脚職人が作るオリジナルのキッズチェアは、木のかたさを忘れるほどすべすべとした優しい手ざわり。
お子さまが誕生した時の記念に、また出産祝いやお誕生日プレゼントなどのギフトにもぴったりです。
cucu kids chairはこちら>>>
 
 
mina perhonen生地のソファ
こちらはenstolオリジナルのソファ&オットマン「journey sofa & ottoman」。
北欧デザインの巨匠、フィン・ユールを彷彿とさせる美しい曲線の肘掛け、背面に整然と並ぶワイヤースプリング、
ビーチ×チェリーの組み合わせ、スレンダーですっきりとしたフレームのラインが特徴の上質なソファは、
ミナペルホネンのファブリックをあわせることでやわらかな印象になります。
journey sofa & ottomanはこちら>>>
 
 
mina perhonenミナペルホネンの無垢木製ベンチ
こちらはenstolオリジナルのオーク材のベンチ「P-bench」。
絶妙なまるみを持った脚は無垢材特有の印象的な木目がより映え、ていねいに磨き上げられてすべすべの手ざわりに。
シンプルでどこまでも美しいベンチです。
 
 
多くの家具を修理してきた経験から、わたしたちのつくる家具は
修理やすい構造であること、
長く使い続けられる素材や仕上げであること、
ずっと愛用したくなるような見た目であることをコンセプトとしています。
美しくなめらかなライン、すべすべに磨き上げた無垢材の手ざわり、
経年変化を楽しめる木とファブリックや革の組み合わせを、ぜひお楽しみください。


 
 
こちらでご紹介したmina perhonen「dop/tambourine」のファブリックは、
以下のすべてのオリジナルチェアでお選びいただけます。
価格等の詳細は各チェアのページにてご確認くださいませ。