京都・宇治の家具店enstol(エンストル)の家具職人

ABOUT

 
「enstol(エンストル)」は、ものづくりが好きな仲間が集まり、2018年11月に京都でスタートした小さな家具店です。
 
「en stol」はデンマーク語で「the chair」。
椅子からはじまるお客さまとの「ご縁」を大切にしたいと思い、この名前をつけました。
 
大切に使われてきたたくさんの家具を直してきた経験から、わたしたちのつくる家具もまた、長く大切に愛用されるものであるよう心がけています。
そして、スタッフ全員が、「お客さまと一緒に、ものづくりを自由に楽しみたい」と考えています。

「家具をつくる」「家具を直す」ことをベースに、ものづくりを通じてお客さまの暮らしにひとときのわくわくする瞬間を生み出せたらと思っています。
すでに知ってくださっている方も、はじめましての方も、「enstol」をどうぞよろしくお願いいたします!
 
 

enstolのオリジナル家具について

 

コンセプト

わたしたちのつくる家具は、長く大切に使い続けられるもの=ずっと愛用したくなるようなデザイン、修理しやすい構造、上質な素材と仕上げであることをコンセプトとしています。
美しくなめらかなライン、すべすべに磨き上げた無垢材の手ざわり、経年変化を楽しめる木とファブリック、そして本革。
毎日使うものだからこそ、丁寧なものづくりを心がけています。
 

製作者/製作場所

京都府宇治市にある工場で、木工・椅子張り・塗装の職人たちが製作しています。
 

デザイン

enstolのデザイナーである岡野裕一は学生時代、美大で洋画を専攻していました。
長時間椅子に座って絵を描くうちに座り心地の良い椅子を探し求めるようになり、気付けば自宅は北欧の名作椅子だらけに。
北欧家具のデザインや構造を知り尽くした岡野がデザインする家具は、どれも美しくシンプルで機能的です。
 

素材_木材

木材は主に北米・北欧産広葉樹です。
個性的な木目のものや珍しい一枚板などが入荷すると、数量限定で特別なバージョンの家具を製作することもあります。
 

素材_ファブリック

椅子やソファ、ベンチの座面に使用する張地は、素材や機能、色柄などさまざまなバリエーションのものを取り揃えています。
ご予算やご使用シーンにあわせてお選びいただけます。
 

素材_本革

椅子やソファ、ベンチの座面の張地には、本革もお選びいただけます。
色移りがしにくいよう染色が施された革と、使い込むほどに味わい深くなるヌメ革をご用意しています。
 

素材_アイアン

一部の椅子やテーブル脚に使用しているアイアン製パーツは、京都の協力業者に製作を依頼しています。
 

素材_ウレタン

椅子やソファ、ベンチの座面に使用しているクッション材は、粘りのある上質なウレタンをメインにセレクトし、座り心地が良くなるよう硬さや厚みの異なる数種類のものを組み合わせています。
 

仕上げ

家具の木部は基本的にオイル仕上げです。
使用するオイルは、enstolの工場で無漂白ビーズワックスと亜麻仁油をブレンドして作っています。
オイル仕上げの家具は、お使いになるうちに汚れや小傷がついてもご自宅でメンテナンスできますので、長く気持ちよく使い続けていただけます。
もちろん、水や汚れに強いウレタン仕上げも承ります。
完成した家具には、わたしたちが製作した証としてenstolの焼印を押しています。
 
 
[会社概要]
株式会社エンストル
・オリジナル家具の製造・販売
・オーダーメイド家具製作
・家具の修理・リメイク

〒611-0041
京都府宇治市槇島町月夜3-7
TEL 0774-25-3490
https://enstol.co.jp